ETFとは?

ETFとは?

ETF(Exchange Traded Fund)は投資信託(ファンド)の一種で「上場投資信託」と呼ばれています。 一般の投資信託とは異なり、証券取引所で売買されるのが特徴の投資信託です。

そもそも投資信託とは?

投資信託とは、複数の投資家から集めた資金を、資産運用の専門家の指図のもとで株式や債券に投資し、得られた利益(損益)を投資家に分配する金融商品のことです。 投資家としては、資金だけ拠出して、運用を第三者に任せ、利益が出たらそれを貰うというなかなかおいしい話です。 (といっても、利益だけでなく、損失も出るのが投資信託です。)

一般の投資信託は、証券会社や銀行を通じて販売されます。 一方、ETFは、証券取引所に上場しており、それぞれの市場で株式のように売買が可能です。

投資信託による分散投資のメリット

ETFを含めた投資信託は、少額で多数の株式や債券銘柄に分散投資できるというメリットがあります。

株式や債券への投資には、常に元本割れのリスクが伴います。 特定の1種類の株式や債券に投資していると、最悪の場合、会社の倒産や債務不履行によって投資資金を回収できないおそれがあります。

ところが、投資信託は、幅広い銘柄の株式や債券に分散して投資しているため、特定の株式や債券の価格が変動しても全体に大きな影響を与えません。 したがって、初心者の方でも比較的手を出しやすい金融商品と言えるでしょう。

ETFはインデックス型ファンド

ETFは、「インデックス型ファンド」と呼ばれる投資信託です。 これは、ベンチマークとなる特定の指数(インデックス)に連動した値動きをすることを目標として運用する投資信託のことです。 ここでいう指数とは、株価や債券など値動きを表す経済指数のことを指します。 具体的な例として、日経平均株価(日経225)、TOPIX、およびダウ平均株価などが挙げられます。

インデックス型ファンドの対義語は、「アクティブ型ファンド」です。 これは、ベンチマークとなる指数の値動きを上回る成果を目標として運用するファンドのことです。 アクティブ型ファンドの値動きは、ファンドを運用するファンドマネージャーの腕に左右されます。 腕のいいファンドマネージャーであれば、ファンドの運用成績は、指数を大幅に上回るものとなります。 反対に、腕の悪いファンドマネージャーであれば、ファンドの運用成績は、指数に連動するのが精いっぱい、もしくは指数を下回るファンドもあります。

ETFには、アクティブ型ファンドは存在しません(海外籍のETFには存在します)。 一般の投資信託では、かなり多くのファンドがアクティブ型ファンドです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする