国内ETFと海外ETF

ETFの市場

ETFは、国内市場で取引される国内ETFと海外市場で取引される海外ETFがあります。 国内ETFは、国内株式の売買ルールが適用されるため、国内株式と同じ方法で売買できます。 一方、海外ETFは、外国株式口座の開設が必要になり、売買方法も取引手数料も各市場に応じたものが適用されます。 特に気を付けたいのは取引手数料で、国内ETFと比較するとかなり高めです。

国内ETF

国内ETFは、東京証券取引所と大阪証券取引所に上場しており、それぞれの市場で売買できます。 ブランドとしては、野村アセットマネジメントの「NEXT FUNDS」シリーズや日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンド」シリーズが有名で、取扱い銘柄も多いです。

野村アセットマネジメント NEXT FUNDS
日興アセットマネジメント 上場インデックスファンド

海外ETF

証券会社によっては、海外のETFも取り扱っており、NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NASDAQ、香港、シンガポールなどの証券取引所に上場する海外ETFを売買できます。 取扱いの銘柄数は海外ブランドのETFの方が圧倒的に多く、時価総額も大きいです。 有名なところでは、iShares、Vanguard、SPDR(スパイダー)などのブランドが挙げられます。 特にiSharesは、日本語公式Webサイトを用意して積極的な広告展開をしており、どこかのWebページのバナーで名前を見たことがある人も多いでしょう。

ETFの重複上場

一部の海外ETFは、日本の証券取引所に重複上場しています。 重複上場による最大のメリットは、国内ETFと同じ扱いで海外ETFを取引できることです。 つまり、取引手数料が国内ETFと同様に安くてすむということです。 また、証券会社によっては、海外ETFは特定口座への受け入れに対応していませんが、その問題も解決します。

なお、当サイトでは、国内市場に重複上場している海外ETFは、国内ETFのカテゴリで紹介します。 記述上の都合で、国内ETFと海外ETFの両カテゴリに重複して記述する場合もあるので、ご留意を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする