ETFの基準価額と市場価格

2つの価格が存在するETF

ETFには基準価額市場価格の2つの価格が存在します。 このページでは、2つの価格の違いについて解説します。

基準価額とは?

基準価格とは、ETFの総資産額を総口数で割った価格のことです。 1日1回だけ算出される価格で、1日の間は変動しません。

基準価格は、ETFの設定・交換をする際に用いられる価格です。 ETFを設定する指定参加者は、現物株式バスケットまたは金銭を拠出してETFの受益証券を得ます。 指定参加者とはETFの設定に参加することを認められた大口の投資家のことで、通常は証券会社が該当します。 一般投資家は、ETFの設定に関わることはできません。

市場価格とは?

市場価格とは、ETFを証券取引所で売買するときの価格です。 市場の需給関係によって変動するので、証券取引所の取引時間中は常に変動します。 一般投資家は、この市場価格でETFを売買することになります。

基準価格と市場価格の乖離

ETF市場の需給関係によっては、基準価格と市場価格が乖離してくる場合があります。 この場合、指定参加者によって需給調整が行われます。

たとえば、需要が多くなった場合、ETFの市場価格は基準価格よりも高くなります。 これを調整するため、指定参加者は新たに株式バスケットまたは金銭を拠出してETFを得て、市場に放出します。 この調整により、市場に出回るETFの口数が増え、市場価格を押し下げ、適正な価格に戻します。

反対に、需要が少なくなった場合、ETFの市場価格は基準価格よりも低くなります。 これを調整するため、指定参加者は市場からETFを回収し、現物株式バスケットまたは金銭に交換します。 この調整により、市場に出回るETFの口数が減り、市場価格を押し上げ、適正な価格に戻します。

なお、基準価額と市場価格が桁違いに異なるETFも存在します。 これは、基準価額を算出する口数と、市場で売買する口数が異なるためです。 1口の基準価額が高いETFは、1口を10口や100口に分割して、一般投資家の手に渡ります。 このため、桁違いに価格が異なるETFは、市場価格を10倍または100倍すると大体基準価額に一致します。 分割する理由は単純で、基準価額が高すぎると、一般投資家が買いにくいためです。

流動性と乖離率の関係

一般に、流通量が多く、流動性の高いETFは、基準価額と市場価格の乖離率が小さくなります。 これは、流通量の多いETFほど需給調整が働きやすいためです。

一方、流通量が低く、流動性の低いETFは、基準価額と市場価格の乖離率が大きくなります。 乖離率の大きいETFは、ETFを市場で売買する一般投資家に、有利にも不利にも働きます。 特に、基準価額より高い価格でETFを買ったり、基準価額より低い価格でETFを売ったりすることは、一般投資家にとって不利です。 ETFを選ぶ際には、取引高もチェックし、流動性の高いETFを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする