ETFのリスク

ETFに付きまとう元本割れのリスク

ETFは、常に元本割れを起こすリスクを抱えています。 どのようなリスクがあるかは、ETFの交付目論見書にきちんと書かれています。 リスクには様々なものがあり、ETFによっては複数のリスクを抱える場合もあります。 目論見書はよく読んで、どのようなリスクがあるか理解した上でETFを購入するように心がけましょう。

主なリスクを以下に挙げます。

株価変動リスク

複数銘柄の株式を組み込んだいわゆる「株式バスケット型」のETFは、株価変動のリスクが伴います。 株価がETF購入当初の値段よりも下がれば、当然元本割れとなります。 最悪の場合、株式を発行している会社が倒産してしまうこともあり、株式の価値がゼロになります。

為替変動リスク

外貨建て資産を組み込んだETFには、為替変動リスクが伴います。 ETF購入当初より円高方向に変動すれば、評価額が下がり、損失を被ることになります。 逆に、円安方向に為替が変動すれば、評価額が上がり、利益になります。

債券価格変動リスク

債券を組み込んだETFには、債券価格変動リスクが伴います。 債券価格は、金利の変動によって上下します。 一般的に、金利が高くなると、債券価格が下がります。 逆に、金利が低くなると、債券価格は上がります。 実際には、債券の需給関係も影響してくるので、一概に金利だけで変動するとは限りません。

信用リスク

債券には、価格変動リスクとともに、債券発行者の信用リスクが伴います。 信用リスクは、格付け機関による信用格付けによって評価されます。 信用格付けが下がった場合には、債券の評価額も下がります。 最悪の場合、債券がデフォルト(債務不履行)に陥ることもあり、債券の価値がゼロになります。

リンク債リスク

一見すると株式を組み込んでいるようなETFでも、実際には株式ではなくリンク債(仕組債)と呼ばれる債券を組み込んだ「リンク債型」ETFの場合があります。 新興国株式の指数連動型ETFやコモデティ(商品)の指数連動型ETFの大半は、このリンク債型ETFです。 ETFが組み込むリンク債とは、特定の指数に連動して評価額が連動する債券のことで、仕組みはかなり複雑です。 リンク債型ETFは、指数下落のリスクとともに、債券発行者の信用リスクも抱えることになります。

大阪証券取引所 リンク債型ETFのリスク

リスクの分散

投資の世界では、「卵はひとつのかごに盛らない」という格言がよく使われます。「ひとつのかごに卵を盛ると、そのかごがひっくり返っただけで全ての卵が割れる。 複数のかごに卵を盛っておけば、ひとつのかごがひっくり返っても、残りのかごの卵は無事だ。」 という意味合いらしいです。

ETFの世界も同じで、「一つのETFに集中投資すると、そのETFがこけた時にすべてがおしゃか」になってしまいます。 投資につきまとうリスクを回避するためには、リスク分散が欠かせません。 ここでは、リスクの分散方法について紹介します。

時間分散

一度に全資金をETFに投資すると、価格が下がった時に、値下がり損失をもろにかぶることになります。 これを防ぐため、ETFを購入するタイミングを分けるのが時間分散です。 価格の高い時と低い時のETFを混ぜ合わせることで、最終的な評価額は中間付近に落ち着きます。

地域分散

ETFの投資対象資産は、日本国内のものだけとは限りません。 世界各地の株式や債券に投資が可能です。 この利点を生かし、複数の地域の資産へ分散して投資を行うのが地域分散です。

資産分散

ETFの投資対象資産は、大まかに債券・株式・REIT・コモデティの4つに分けられます。 これらの複数の分野の資産へまんべんなく投資するのが資産分散です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする