ETFの仕組み

ETFの発行と市場に出回るまでの流れ

ETFでは、運用会社が指定参加者から株式または資金を集め、それに応じたETF受益権を指定参加者へ発行します。 一般投資家は、指定参加者が市場(証券取引所)に流したETFを売買することで、ETFへの投資を行います。 また、指定参加者は、市場の需給バランスに応じて、ETFの回収も行い、運用会社へETFの解約を申し出ます。

etf_structure

一般の投資信託との違い

ETFは投資信託の一種ですが、一般投資家が投資する資金の流れが異なります。 投資信託は、一般投資家を含めてあらゆる投資家から資金を集め、金融市場へ投資を行います。 これに対し、ETFは、指定参加者から株式または資金を集め、金融市場へ投資を行います。 一般投資家は、指定参加者が市場に売却したETFを買い付けることで投資が成り立ちます。

この資金の流れを見ると、我々一般投資家は、指定参加者が流したETFのおこぼれをもらっているようにも見えます。 とはいえ、一般の投資家も資金と引き換えにETFの受益証券のもらうという形で、投資に参加していることに間違いはありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする