これでインデックス投資家の仲間入り!?日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)

スポンサーリンク

最近の投資信託ランキング

主要ネット証券会社の投資信託の売り上げランキングを見ていると、最近はブル・ベアファンドがランキング上位に目立ちます。ETFも相変わらずブル・ベアETFの取引高が高いので、ETFも投資信託もランキング上位の銘柄の傾向は、似通ってきています。

そんな中で、数少ない毎月分配型の投資信託として、アストマックスの日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)が生き残っています。

アストマックス-日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)

日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)は、

  • 超高額な信託報酬!(年率2.2444%程度)
  • あまりにも高すぎる超過剰配当!
  • コールオプションを組み入れた超複雑な仕組み!

の3重苦が揃った、ダメファンドのお手本のような投資信託です。こんな投資信託が生き残っていること自体が不思議でなりません。

ところで、目論見書を読んでみると、このファンドの特色として、次のような紹介文があります。

「ブラジルレアルコース」については、ユーロ円債への投資を通じて、日本株ハイインカム戦略インデックス(ブラジルレアル)のパフォーマンスに概ね連動する投資成果を目指します。「円コース」については、ユーロ円債への投資を通じて、日本株ハイインカム戦略インデックスのパフォーマンスに概ね連動する投資成果を目指します。

出典:日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)交付目論見書

あれ?

これってインデックスファンド!?

まさかまさか、こんな無茶苦茶な投資信託でもインデックスファンドなんです!

念のため、目論見書冒頭の商品分類を確認してみると、きちんと「インデックス型」と明記されています。こんなインデックスファンドがあろうとは、いささか信じられません。

「日本株ハイインカム戦略インデックス(ブラジルレアル)」という名称のよくわからないインデックスがあることにも驚きです。こじつけで作ったインデックスじゃないかと疑いたくなるのは、私だけではないはず……

インデックス投資家を名乗っていもいい?

「日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)」は、まがりなりにもきちんとしたインデックスファンドです。となると、この投資信託を購入すれば、最近流行りの「インデックス投資家」に仲間入りできるというわけです!

……

こんなこと書いたら、大勢のインデックス投資家から袋叩きにされそうですね(笑)

しかし、インデックスファンドに投資している事実には変わりありませんので、インデックス投資家を名乗っても間違いではありません。そもそも、「インデックス投資」という言葉の定義自体があやふやなので、こういったおかしな現象が起きてしまうのです。

インデックス投資で用いる「インデックス」って何なのでしょうか?

これは、たぶん人によって違うと思います。

おそらく大多数のインデックス投資家の共通認識として、TOPIX、日経225、S&P 500といった、古くからある株価指数は、「インデックス」の仲間でしょう。人によって意見が分かれそうなのが、JPX日経400などのいわゆる「スマートベータ」と呼ばれる株価指数を「インデックス」として扱うかどうかです。

もし、スマートベータをインデックス投資の「インデックス」の一種とするなら、日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)のベンチマークとなっている「日本株ハイインカム戦略インデックス(ブラジルレアル)」を仲間外れにするには無理があります。

スマートベータをインデックス投資の「インデックス」として認めないとすれば、逆にどこまでが「インデックス」の仲間なのか?という疑問が湧いてきます。時代は常に変化しているので、新しいインデックスが作成されるのは当たり前のことです。それらをすべて否定するわけにはいかないでしょう。

こう考えると、「インデックス投資」がなんのか、だんだんとわからなくなってきます。でも、日本株ハイインカム(毎月分配型)(ブラジルレアルコース)がインデックス投資の一種かどうかと問われれば、”No!”と声を大にして言いたいです……。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする