SBI証券のiDeCo運用商品を好き勝手に評価してみる(国際株式)

スポンサーリンク

玉石混交のiDeCo運用商品

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用商品をランク付けしてみました。ランクは、S>A>B>C>Dの5段階です。インデックスファンドとアクティブファンドで評価の尺度が違うのでご注意ください。今回は、国際株式に絞ってランク付けします。

国際株式(インデックスファンド)

投資信託名 ベンチマーク 信託報酬
(税込)
評価
DCニッセイ外国株式インデックス MSCI コクサイインデックス 0.2268% S
iFree NYダウ・インデックス ダウ工業株30種平均 0.243% S
インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用) MSCI コクサイインデックス(円ヘッジあり) 0.3024% S
EXE-i 先進国株式ファンド FTSE カイガイインデックス 0.3244% B
EXE-i 新興国株式ファンド FTSE エマージングインデックス 0.3904% A
EXE-i グローバル中小型株式ファンド FTSE グローバルスモールキャップインデックス 0.3584% A
三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド MSCI エマージングマーケットインデックス 0.594% B
DC外国株式インデックスファンド MSCI コクサイインデックス 0.864% D

「DCニッセイ外国株式インデックスファンド」は、「投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブザイヤー2016」を受賞した「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」のiDeCo版です。とにかく低コストが売りのファンドで、国際株式に投資するならとりあえずこれを選んでおけば間違いはない、と言っても過言ではありません。

為替リスクが気になる場合は、「インデックスファンド海外株式ヘッジあり(DC専用)」という選択肢もあります。先に紹介したDCニッセイ外国株式インデックスファンドが為替ヘッジなしのMSCIコクサイインデックスに連動するのに対し、こちらは為替ヘッジありのMSCIコクサイインデックスに連動します。

SBIアセットマネジメントの「EXE-iシリーズ」は、設定当初こそ低コストだったものの、今となってはあまりコスト面での魅力がなくなってしまいました。そんな中で、異彩を放っているのが「EXE-i グローバル中小型株式ファンド」です。国際株式のインデックスファンドとしては、唯一中小型株を投資先としており、しかも新興国や日本を含めた全世界なので、なかなかおもしろい選択肢になりそうです。

国際株式インデックスファンドにも、国内株式と同様に高コストファンドが紛れ込んでいます(笑)。ただ、これは意図的に混ぜ込んだわけではなさそうです。SBI証券は以前から確定拠出年金を扱っているので、おそらくこれはその名残と思われます。以前に取り扱っていた商品を急になくす、というわけにはいきませんので。

国際株式(アクティブファンド)

投資信託名 ベンチマーク 信託報酬
(税込)
評価
キャピタル世界株式ファンド(DC年金用) なし 1.5406%程度 D
ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド なし 2.0972%程度 D
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け) MSCI コクサイインデックス 1.458% C
シュローダーBRICs株式ファンド なし 2.0304% D

アクティブファンドの方は・・・なんて言うか、ダメダメですね(-_-;)
ろくなファンドが1つもありません。

「キャピタル世界株式ファンド(DC年金用)」は、日本を含む全世界の株式に投資するファンドです。が、ベンチマークが設定されていないため、運用成績が良いのか悪いのかわかりません。加えて、直接の投資先がルクセンブルグ籍の投資証券なので、非常に高コストです。

「ハーベスト アジア フロンティア株式ファンド」は、バングラデシュ、モンゴル、カザフスタン、スリランカ、ベトナム等の株式に投資するファンドです。毎年多額の分配をしているので運用成績は悪くなさそうですが、ベンチマークが設定されていないので運用成績の良し悪しはいまいちわかりません。また、香港籍の投資証券に投資するファンド・オブ・ファンズ方式で運用されているため、これまた非常に高コストです。

「ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け)」は、MSCIコクサイインデックスを上回る運用成績を目指し、複数の運用会社が資産を運用するという一風変わったファンドです。しかし、肝心の運用成績は、MSCIコクサイインデックスに追従しているだけなので、あえてこのファンドを選ぶ意味がありません。

「シュローダーBRICs株式ファンド」は、文字通りBRICs諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国)の株式に投資するファンドです。最近は、BIRCsもあまり流行らないですねぇ・・・(しみじみ)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする