外貨建てMMFの活用法

今日のこと、ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドの運用報告書が筆者の手元に届きました。マネー・マーケット・ファンド(MMF)は、保有していることをあまり意識していない投資信託だったので、突然運用報告書が届くとびっくりします。意外と存在を忘れがちなMMFですが、海外ETFを運用している人には、あると便利な投資信託です。

そもそも、MMFとは、Money Market Fund の略で、Fund と名のつくところから、投資信託の一種です。MMFには、円建てMMFのみならず、外貨建てMMFも存在します。MMFに投資した資金は、格付けの高い短期債やCP(Commercial Paper: コマーシャルペーパー)で運用され、毎月分配金が得られるようになっています。

MMFの特徴として、非常にリスクが低いことが挙げられます。MMFの投資先は、元本割れを起こすことがほとんどない金融商品ばかりなので、MMF自体も元本割れを起こすことはほとんどありません。株式投資信託のように、基準価額が変動することもなく、分配金が上乗せされていく形で資産が増えて行きます。ただ、投資先が投資先なので、利回りが非常に低いのもMMFの特徴です。

さて、そのMMFですが、一体どのような場面で活用するのでしょうか?最も有効と思われる活用法は、外貨建て資産を運用している人で、余った外貨資金の一時的な預け先としてMMFを利用するという方法です。

外貨建て資産を取り扱っている証券会社では、外国債券の利息や海外株式の配当金、および海外ETFの分配金は、外貨で受け取ることができます。受け取った 外貨は適切な時に日本円に売却するか、将来の投資のために外貨のまま保持しておくことができます。ただし、受け取った外貨は、そのまま保持していても利息がつきません。

そこで、一時的に生じた外貨資金の運用にぴったりなのが外貨建てMMFです。外貨建てMMFでは、外貨運用で得た外貨を直接外貨建てMMFの買い付けに充てることができるので、外貨を日本円に換金することなく、外貨運用を行うことができます。一度買い付けたMMFは、都合の 良い時に売却して日本円に換金しても良し、ある程度残高が貯まったら外国債券、海外株式および海外ETFの買い付けに充てるのも良しで、正に柔軟な活用ができます。

筆者の場合、NISA預かりの米国籍ETFの分配金が毎月約$15発生しているので、この分配金の保管先として米ドル建てMMFを活用しています。また、海外債券運用で得たトルコリラと南アフリカランドを外貨建てMMFにプールしています。特に、米国籍ETFとの連携には効果抜群で、毎月ちょびちょび発生する分配金の保管先として非常に重宝しています。

最後に、冒頭で述べた筆者の話にはオチがあります。実は、今回運用報告書が届いたニッコウ・マネー・マーケット・ファンドを筆者は保有しておりません。現在3通貨のMMFを保有していますが、日興のMMFは皆無です。過去にもおそらく保有していたことはありません。なのに、なぜこの運用報告書が届いたのか謎です。一体どういうことなんでしょう?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク