300円超えした投信の分配金

投資信託の分配金合戦が止まりません。月額200円超の高額な分配金を出す投資信託が増えてきた中で、月額分配金額が300円の大台を突破するものも出てきました。毎月300円もの分配金を出している投資信託の名は、大和住銀の日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)(以下、アルファカルテットと略記)です。

よし、こいつを痛い投資信託のネタにしてやろう!

と思い立って、早速アルファカルテットのWebページを訪ねてみたのですが・・・

日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)

あれ?なんだこのファンド、結構儲かってるぢゃん・・・?

運用開始からまだ日が浅いので、今の段階でどうこう言うのはまだ早いですが、なんとこのファンド、高額分配金のファンドにありがちなタコ足食い状態になっていません。一応、ちゃんとした収益源から分配金を出しているみたいで、基準価額は当初元本の1万円を割らずに推移しています。ただ、あくまでも「まだ」元本割れをしていないだけであって、これからどうなるかはわかりません。収益に関係なく、毎月300円の分配金を出していれば、他の高額分配金のファンドと同じ状態になるのは目に見えています。

アルファカルテットの中身の方は、最近の流行をふんだんに取り入れた複雑怪奇なものになっています。その内容は、国内株式への投資を基本として、これに為替ヘッジプレミアム、株式カバードコール、および通貨カバードコールを加えた4つの収入源を組み合わせたものです。一見すると、4つも収入源があるので、かなりの収益を上げられるのでは?と思うかもしれませんが、実際はそんなに大したことありません。それは、これまでに販売されてきた類似のファンドと比較してみれば、一目瞭然です。

当然ながら、このような複雑なファンドを投資初心者におすすめできるわけがありません。かといって、投資の中級者~上級者が買うようなファンドだとも思えません。投資の知識がある人は、まずこのような意味不明なファンドは買わないでしょう。となると、結局このファンドのターゲットとなるのは投資初心者です。ナンテコッタイ/(^o^)\

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク