2014年NISA100万円の運用成績

前回に引き続き、2014年の筆者のNISA投資の総決算を晒します。今回は、各資産の構成と運用成績を紹介します。米ドル建ての資産と円建ての資産があるので、それぞれ別々にまとめてみます。

米ドル建て資産

購入額 評価額 分配金 合計損益 トータルリターン
WisdomTree Equity Income Fund 1126.40 1196.80 20.06 90.46 8.03%
iShares MSCI EAFE ETF 1018.95 1004.85 22.63 8.53 0.84%
Market Vectors Emerging Markets High Yield Bond ETF 1037.60 1035.20 36.81 34.41 3.32%
iShares iBoxx 米ドル建てハイイールド社債 ETF 953.80 933.70 27.64 7.54 0.79%
Market Vectors International High Yield Bond ETF 981.05 948.15 25.96 -6.94 -0.71%
合計 5117.80 5118.70 133.1 134.00 2.62%

評価損益で見ると、ハイイールド債券は全滅です。ここしばらく、ハイイールド債券市場は資金の流出が続いているので、おそらくそれが原因でしょう。逆に、米国高配当株の方は順調なパフォーマンスです。モーニングスターの5つ星評価は、伊達じゃなさそうです。合計のトータルリターンは2.62%。正直、米ドル建て資産の方は運用失敗と言っても過言ではなさそうです。

円建て資産

購入額 評価額 分配金 合計損益 トータルリターン
NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信 255040 276960 1624 23544 9.23%
iシェアーズ エマージング株ETF 75690 86550 420 11280 14.90%
iシェアーズ フロンティア株ETF 58928 64800 912 6784 11.51%
JPMザ・ジャパン 14000 15388 0 1388 9.92%
DLIBJ公社債オープン中期コース 7000 7030 0 29 0.42%
ニッセイグローバルリートインデックスファンド 15000 16180 0 1180 7.87%
野村グローバル・ロング・ショート 16001 16368 0 367 2.30%
Nvestグローバルバリュー株オープン 3000 3071 0 71 2.38%
EXE-i グローバルREITファンド 13001 14940 0 1940 14.92%
スパークス・ジャパン・スモールキャップ・ファンド 15000 16866 0 1866 12.44%
合計 561052 615353 2956 57258 10.21%

円建て資産の方は、正直なところ、資産構成がぐちゃぐちゃ。購入予定でなかった投資信託に手を出したり、特定のETFを多く買い入れ過ぎたりしたおかげで、当初の予定とは大幅に異なるポートフォリオができてしまいました(ノ∀`)アチャー。ただ、運用成績の方は優秀で、たった1年間(実際には1年も経っていない)で、合計のトータルリターンが10%超なのは上々と言えるでしょう。この運用益の牽引役となってくれたのは、ETFの3銘柄です。明らかに買い入れすぎの「NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信」と、iシェアーズシリーズからセレクトしたエマージング株とフロンティア株のETFが利益に大きく貢献してくれました。その他の資産についても、マイナスリターンの資産が無いため、今回の優秀な運用益に結びついたと言えます。

今後の課題

  1. 2015年に買い付ける米ドル建てETFの構成を再考する。
  2. 円建て資産の構成を整理する。

米ドル建て資産については、今年購入したETF以外に購入してみたいETFがたくさんあるので、今一度購入するETFを考え直す必要がありそうです。ハイイールド債の運用成績がさっぱり振るわないので、ハイイールド債から手を引くということまでは考えていません。

円建て資産については、国内REITに偏りすぎている資産構成のリバランスを考えています。加えて、雀の涙ほどしか組み込んでいない国内債券の投資信託「DLIBJ公社債オープン中期コース」や信託報酬の高い「野村グローバル・ロング・ショート」の切り捨てを考えています。どちらの投資信託も、ポートフォリオ全体の中でわずかばかり組み込んでもあまり意味が無いような気がします。

というわけで、2015年のNISAに向けて、既存の課題を解決しつつ、ETFや投資信託の銘柄を選び直すという悩ましくも楽しい作業に勤しんでいきたいと思います(`・ω・´)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] に向けてのポートフォリオ構築をしておきましょう。筆者のNISAの振り返りについては、過去の記事を参照してください。2014年のNISAは、無計画にあれこれと手を出しすぎたので、2015年こ […]