債券の基礎知識

国内債券型の投資信託の投資先と言えば、その大半が日本国債(国庫債券)です。社債も一部含まれていますが、国債の割合が圧倒的に多くなっています。また、国内債券型のETFは、存在すらしません。一方、米国籍のETFに目をやると、米国債券関連のETFだけで、実に多彩なETFが存在します。ただ、あまりにも種類が多すぎて、債券の知識がないと、どのETFがどのような債券に投資しているのか判断がつきません。そこで、本記事では、どのような債券が存在するのか、債券の基礎知識を簡単にまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも債券とは?

債券とは、平たく言えば、借金を証券化したものです。 厳密には、政府、地方公共団体、および企業が資金調達のために発行する有価証券のことです。 債券発行者には、債券の額面に記載されている元本と金利の支払いが義務付けられています。債券には、償還期限(平たく言えば、借金の返済期限)が定められていて、この日までに元本と金利が償還されない場合は、債務不履行(デフォルト)となり、元本割れを起こす可能性があります。ただ、償還の優先順位は、株式よりも債券の方が高いため、相対的に安全性の高い資産と言えます。

債券は、発行体、形態、償還期限などによって様々な種類に分類されます。

発行体による分類

  • 国債
  • 地方債
  • ソブリン債
  • 社債

国債と地方債は、いずれも国や地方公共団体が発行する債券の「公債」に属します。国が発行する公債を「国債」、地方公共団体が発行する債券を「地方債」と呼びます。「ソブリン債」は、政府または政府関係機関が発行している債券のことを指し、国債や政府機関債がこれに含まれます。これらに対し、社債は、企業(会社)が発行する債券のことです。

国債の正式名称は、日本の場合は「国庫債券」、米国の場合は「米国財務省証券」です。米国債は、償還期間によって更に呼称が分かれます。

  • U.S. Treasury Bills: 償還期間1年以下の短期債
  • U.S. Treasury Notes: 償還期間1年超10年以下の中期債
  • U.S. Treasury Bonds: 償還期間10年超の長期債

格付けによる分類

  • 投資適格債
  • 投機的格付債券(ハイイールド債、ジャンク債)

債券の大半は、第三者機関(信用格付機関)によって格付けされています。一般的に、BBB格以上の債券を投資適格債、BB格以下の債券または無格付けの債券を投機的格付債と呼びます。投機的格付債は、ハイイールド債(high-yield bond)やジャンク債(junk bond)とも呼ばれます。

投資適格債は、信用力が比較的高く、デフォルトのリスクが低いと評価されています。逆に、投機的格付債は、信用力が低く、デフォルトのリスクが高いと評価されています。利回りは、投資適格債の方が低く、投機的格付債の方が高くなります。

投資適格債 投機的格付債
BBB以上 格付 BB以下
デフォルトリスク
利回り

米国では、投機的格付債(ハイイールド債)の流通が盛んで、米国のハイイールド債を組み入れた投資信託やETFは多数存在します。一方、日本では、企業がほとんど投機的格付債を発行しないため、日本国内におけるハイイールド債の市場というものは、存在していないに等しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする