ゆくETFくるETF

久しく、ETFの情報集めをさぼっている間に、国内ETF業界はかなり変革があったみたいです。いくつかのETFが市場を去り、いくつかのETFが新規上場する。出会いと別れの季節の春に相応しい話題ですね(笑)

今回は、最近上場したETFと、上場廃止および繰上償還が決まったETFについて、まとめて紹介します。

スポンサーリンク

ゆくETF

まずは、残念ながら上場廃止(繰上償還)となるETFから。

日興アセット・マネジメント(日興AM)の5つのETFが、上場廃止および繰上償還となることが決まりました。内訳は次の通り。

  • 上場インデックスファンドTOPIX100日本大型株
  • 上場インデックスファンドTOPIX Mid400日本中型株
  • 上場インデックスファンドTOPIX Small日本小型株
  • 上場インデックスファンド日本株式(MSCIジャパン)
  • 上場インデックスファンド日経中国関連株50

TOPIX100、TOPIX Mid400、TOPIX Smallは、東証一部上場の株式を大型株、中型株、小型株に区切って算出した株価指数で、これらのETFに投資すれば、投資先株式の規模を調整できるというメリットがあります。が、いかんせん人気なし。投資先が、東証一部だけというのがまずかったのではないでしょうか。

MSCIジャパンのETFも悪くはないのですが、TOPIX ETF、日経225ETF、JPX日経400などの強力なライバルが多すぎて、それらに打ち勝つのは難しかったのでしょう。日経中国関連株50は、おそらく一時期は人気だったものと思われますが、中国経済の伸びが鈍化するようになってから、人気は廃れていったのでしょう。

いずれものETFも、独自色の強いETFだっただけに、今回の上場廃止によって、国内ETFのバリエーションが減ってしまうのは避けられません。5つのETFが市場から姿を消すのは残念ですが、今後また新たに個性豊かなETFが上場してくることを期待しましょう。

くるETF

EU圏のETF

3月18日、UBS証券(本拠地:スイス)からJDRで10本のETFが上場しています。

  • UBS ETF ユーロ圏大型株50(ユーロ・ストックス50)
  • UBS ETF 欧州株(MSCIヨーロッパ)
  • UBS ETF 欧州通貨圏株(MSCI EMU)
  • UBS ETF 欧州通貨圏小型株(MSCI EMU小型株)
  • UBS ETF 英国大型株100(FTSE 100)
  • UBS ETF MSCIアジア太平洋株(除く日本)
  • UBS ETF スイス株(MSCIスイス20/35)
  • UBS ETF 英国株(MSCI英国)
  • UBS ETF 米国株(MSCI米国)
  • UBS ETF 先進国株(MSCIワールド)

上場したETFの大半は、ヨーロッパの株式に投資するもので、これまでにない内容のETFばかりです。ヨーロッパ圏の株式に興味がある人にとっては、朗報でしょうね。

日経225ETF

日経225ETFは、2014年時点で既に6本も上場しており、正直もうお腹いっぱいと言いたいところですが、2015年に入ってさらに2本の日経225ETFが上場してしまいました(笑)

  • DIAM ETF 日経225(DIAMアセットマネジメント)
  • SMAM 日経225上場投信(三井住友アセットマネジメント)

DIAMアセットマネジメントも三井住友アセットマネジメントも、ETFを上場させるのは、これが初めてです。しかし、何故よりにもよって一番競争率の高い日経225ETFから参入してしまったのでしょうか?日経225ETFは、一番資金を集めやすい無難なETFではあるのですが、あまりにもメジャーすぎて、面白みも何もありません。まあ、この2社については、今後のラインナップの展開に期待しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする