本気出して選んだ毎月分配型投資信託~月桂樹~

スポンサーリンク

ファンドデータ

銘柄コード 市場 東証
銘柄名 高金利先進国債券オープン(毎月分配型) 『愛称:月桂樹』
ベンチマーク なし
運用会社 日興アセットマネジメント
ブランド
大分類 外国債券 経費率 1.35%
小分類 先進国債券 分配頻度 毎月
投資対象地域 高格付主要先進国 設定日 2003年08月05日
ファンド籍 日本 分配利回り 約9%
基準通貨 日本円 構成銘柄数

ファンドの特徴

  • 高格付の先進国ソブリン債を中心に投資
  • 高金利の先進国ソブリン債を中心に投資
  • 投資国を定期的に見直し

筆者の評価

投資先が高格付かつ高金利のソブリン債であることが本ファンドの最大の魅力です。債券のアセットクラスで毎月分配型投資信託を探すと、ハイイールド債や新興国債を投資対象とするものばかりが目立ちます。これに対し、本ファンドは、堅実に先進国債券を投資先としています。また、単に先進国債券を投資先にしただけでは魅力が低いので、高格付・高金利という都合の良い債券だけを選り抜いています。

現在の投資国は、オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、アメリカ、イギリスの5ヶ国です。過去には、カナダ、スウェーデン、デンマーク、およびユーロ圏に投資していたこともあり、情勢に応じて投資国を柔軟に切り替えているのも好評価ポイントです。

本ファンドがかかえる純資産は、4700億円超とかなり膨大で、資金も順調に流入しています。また、運用年数10年超と比較的長い運用実績を持っています。こうしたことから、本ファンドは、投資内容だけではなく、運用面でも優れており、比較的安心して購入できるファンドと言えます。

ちょっと気がかりなのは、昨年のモーニングスターアワード・ファンドオブザイヤーで、本ファンドが最優秀賞を受賞してしまっているところです。

ファンドオブザイヤーを受賞したファンドが、必ずしも良いファンドとは限らないので、ファンドオブザイヤーを評価基準としては使いません。ただ、ファンドオブザイヤーを受賞していると、投資信託の人気は上がるので、必然的に資金は流入しやすくなります。また、人気のピークを過ぎると、今度は潮が引くかのように、あっという間に資金が逃げ出していきます。こうした不安要素につながるので、ファンドオブザイヤーを受賞している投資信託は、純資産の動向に気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする