本気出して選んだ?毎月分配型投資信託~世界配当倶楽部~

スポンサーリンク

ファンドデータ

銘柄コード 市場
銘柄名 DIAM世界好配当株オープン(毎月分配コース) 『愛称:世界配当倶楽部』
ベンチマーク なし
運用会社 DIAMアセットマネジメント
ブランド
大分類 外国株式 経費率 1.188%
小分類 先進国株式 分配頻度 毎月
投資対象地域 主要先進国 設定日 2005年06月01日
ファンド籍 日本 分配利回り 約2.5%
基準通貨 日本円 構成銘柄数

ファンドの特徴

  • 日本を除く世界各国の好配当株に投資
  • 安定的な配当収入とキャピタル・ゲインの両取りを狙う
  • 様々な業種に分散投資

筆者の評価

世界各国の好配当株に投資しているのが、本ファンドの最大の魅力です。ファンドの保有している銘柄の平均配当利回りは、2015年4月末時点で4.10%であり、国内株式の平均利回りを大きく上回っています。

さらに、本ファンドの分配利回りは約2.5%なので、平均配当利回りを下回っていることになります。これが何を意味するかと言うと、無理に高額の分配を出しておらず、若干余裕を持たせているということです。これをどうとらえるかは人それぞれですが、筆者は、毎月分配型ファンドとしては、分配の出し方が中途半端だと思います。

折角毎月分配を出しているのに、分配金の額を出し惜しみしているようでは、毎月分配型ファンドの意味がありません。毎月分配型ファンドは、毎月高額の分配を出すことで評価される金融商品です。もちろん、分配金の出しすぎはよくありません。しかし、出すのか出さないか中途半端な水準では、毎月分配型ファンドとしては評価されず、分配を出さない資産成長型ファンドとしても評価されません。

したがって、本ファンドは、毎月分配型ファンドとしては、ある意味失格です。「本気出して選んだ」はずだったのですが、ツメが甘かったようです。再度選び直します・・・

一応、本ファンドを評価できるポイントとして、信託報酬の低さが挙げられます。アクティブファンドで年率1.188%は、かなり安い部類に入ります。また、運用成績もそこそこ良いので、コストパフォーマンスは良いかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする