i-mizuhoシリーズ待望の販売チャネル拡大!

遂に来ましたね!ブラックロックとみずほFGがコンビを組んで世に送り出したインデックスファンドシリーズ「i-mizuho」の販売会社が急激に増えています。

i-mizuhoと言えば、「コンセプトと運用会社は良いけど、販売会社がダメ」ということで有名な投資信託でした。 i-mizuhoシリーズの運用は、海外ETFで超有名なブラックロックが担当しています。i-mizuhoシリーズ発売当初のラインナップは22種類で、この中には、他社のインデックスファンドシリーズには無いアセットクラス(投資対象資産)が多く含まれています。強力な運用会社と強力な商品ラインナップの組み合わせで、一見すると「インデックスファンドシリーズ最強!」・・・のようにも思えます。

ところが、みずほFGは一体何を勘違いしたのか、販売会社はみずほ証券とみずほ銀行だけという、わけのわからない販売の仕方をしていました。おそらく、自分のところに顧客を囲い込むための販売戦略だとは思うのですが、あいにく、i-mizuhoにはそこまでできるほどの魅力はありません。となると、売れない投資信託に成り下がるのは必然です。案の定、純資産はさっぱり増えず、22種類あった投資信託のうち1つは繰上償還に追い込まれるという酷いありさま。

これではさすがにマズイと感じたのか、その状況が最近になってようやく改善され、みずほ証券&みずほ銀行以外に、カブドットコム証券、楽天証券、SBI証券での取り扱いが始まりました。i-mizuho発売当初の22種類のフルラインナップは、残念ながらもうありませんが、残った21種類でも十分に戦っていけるほど、特色のあるラインナップは未だ健在です。今後ともi-mizuhoには頑張ってもらいたいものです。

さて、折角なので、i-mizuhoの特色あるインデックスファンドをいくつかピックアップして、紹介していみたいと思います。

スポンサーリンク

i-mizuho東南アジア株式インデックス

シンガポール

シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンなどのASEAN諸国の株式に投資する投資信託。この手の新興国株式の投資信託で、インデックスファンドの形態なのは非常に珍しい。ベンチマークは、FTSE ASEAN 40 Index で、ASEAN諸国の大型株上位40銘柄が含まれる。セクター別に見ると、銀行セクターへの偏りが大きい。今後の飛躍的な成長が期待される東南アジアに集中して投資できるのが嬉しい。ただ、リスクも相応に高いので、要注意。

i-mizuhoオーストラリア株式インデックス

シドニーオペラハウス

これまた珍しいオーストラリア1ヶ国のみの株式に投資するインデックスファンド。ベンチマークは、S&P/ASX200 Indexで、オーストラリア株式の200銘柄で構成され、市場時価総額の約80%を占める。したがって、この投資信託で、オーストラリア市場の大型株と中型株をほぼカバーできる。

i-mizuho欧州株式インデックス

エディンバラ城

欧州諸国の株式に投資するインデックスファンド。ベンチマークは、EURO STOXX 50 Indexで、欧州株式12ヶ国(オーストリア、ベルギー、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン)の50銘柄をカバーしている。大型株ばかりに偏ってしまうが、欧州の代表的な銘柄ばかりで構成されているので、知名度は高い。ちなみに、この投資信託には、「UBS ETF ユーロ圏大型株50(信託報酬0.15%)」という強力なライバルもいる。信託報酬だけを比べるならば、こちらのETFの方が圧倒的にお得。

i-mizuhoオーストラリア債券インデックス

シドニーオペラハウス

利回りの高いことで知られているオーストラリア債券に投資対象を絞った投資信託。豪ドル債券に投資する投資信託は数あれど、インデックスファンドとしての投資信託は珍しい。ただし、本ファンドの実際の投資先は上場投資証券(海外籍のETF)なので、信託報酬はお高め。それが唯一にして最大の欠点。

i-mizuhoハイイールド債券インデックス

米ドル

国内の一般投資家に人気の高いハイイールド債券に投資するインデックスファンド。Markit iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド・キャップト指数に連動し、米ドル建てハイイールド債券に投資する。ハイイールド債の投資信託としては珍しいインデックスファンドではあるものの、直接的な投資先はETFなので、信託報酬が高くなってしまっている。ETFを直接買い付けた方が運用コスト的に圧倒的にお得なのは言うまでもない。ちなみに、このETFは、「iシェアーズ 米国ハイイールド債券ETF(iBoxxドル建てLHYC)」として東証に上場している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする