大荒れ相場を乗り切る秘訣

せっかく2万円台の大台にのせた株価が、あっという間に1万7000円台まで転落してしまいました。株の世界って、本当に怖いですね。

さて、そんな相場を、皆さんはどうやって乗り切っているでしょうか?

筆者の大荒れ相場の乗り切り方、それはズバリ!

「何もしない!」

もうちょっと正確に言うと、

「今までの投資行動を変えない」

・・・え?( ゚д゚)ポカーン

って思われるかもしれませんが、なぜこれが良いのか説明しましょう。

まず、筆者の投資スタンスは、基本的に長期間の買い持ちです。売り持ちはありません。売り持ちができるということは、信用取引や先物取引を絡めることになるので、基本的にそれらは含めません。あくまでも長期の現物投資に話を絞ります。

で、そうなった時に取れる方法は、現物資産の買い増しか、現物資産の売却です。

まず、「現物資産の売却」について。

相場が下がったからと言って、現物資産を売ってしまうのは、一番の下策です。

投資の基本は、「安く買って高く売る」です。大荒れの相場の時において、現物資産の評価額はだいたいマイナスです。そこで売るという行動は、損失を出すこと以外の何者でもありません。短期間で売買するなら、「損切り」ということで話は別になりますが、そうでないなら、あわてて損失を確定させるのは愚の骨頂です。

次に、「現物資産の買い増し」について。

これも上策とは言えません。下策と言えば下策です。

投資の基本は、「安く買って高く売る」なので、安い時に買うのが正解だろうとは思うかもしれません。しかし、大荒れ相場の時は、いつ相場が底を打つかはわかりません。底を打つまで買い増しを続けると、いたずらにリスク資産を増やすだけということになりかねません。

では、どうするのが一番いいのか?

「買い」も「売り」もしないのであれば、残された方法は「何もしない」しかありません。

ただし、単に「何もしない」のではなく、「今までの投資行動を変えない」というのが原則です。

現物資産を積み立てている場合は、その積み立ては継続しましょう。損失が薄まって、いい感じになると思います。ドルコスト平均法の理にもかなっています。調子に乗って積み立て額を増やすのはやめましょう。先ほど述べたとおり、リスク資産を計画外に増やすだけになってしまいます。

非常に単純なことなのですが、これができていない投資家は、結構多いのではないかと思います。でなければ、相場が暴落するなんてことは、起こり得ません。

相場の暴落の原因は、「皆が売るから私も売る」という行動です。それに流されていたら、いつまでも投資で成功することはできないでしょう。

ちなみに、この方法は、投資歴4年の私が、今までの経験に基づいて独自に編み出しだ方法なので、正解か不正解かはわかりません。というか、投資の世界に正解はありません。でも、あながち間違ってるとも思いません。

もし大荒れ相場でビクビクしているというのであれば、あえて「何もしない」という無策の策を実行してみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク