iシェアーズ グローバル 100 ETF【IOO】

スポンサーリンク

ETF概要

iシェアーズ グローバル 100 ETFは、S&P Global 100 index をベンチマークとするETFで、全世界の大型株100銘柄に分散投資しています。

S&P Global 100 index では、浮動株調整時価総額が50億米ドル以上かつ流動性の高い銘柄で構成されているため、必然的に世界的に名高い大型株が勢揃いします。

一例を挙げると、Apple、Microsoft、Alphabet(Google)、Amazon、Johnson & Johnsonなどの米国株が保有銘柄上位を占めています。日本の企業としては、トヨタ自動車、MUFG、本田技研工業、ソニー、キヤノンなどが含まれています。

繰り返しになりますが、本当に大型株ばかりが構成銘柄に名を連ねています

ETF Data

ティッカー IOO 市場 NYSE Arca
銘柄名 iシェアーズ グローバル 100 ETF
iShares Global 100 ETF
ベンチマーク S&P Global 100 Index
運用会社 BlackRock Fund Advisors
ブランド iShares
分類 グローバル株式 経費率 0.40%
対象地域 先進国 設定日 2000年12月05日
ファンド籍 米国 分配頻度 年2回
基準通貨 米ドル 構成銘柄数 100+

ETFの特徴

iシェアーズ グローバル 100 ETFでは、大型株のみに投資した効果が如実に現れます

当たり前と言えば当たり前なのですが、大型株は中小型株よりも値動きがおとなしめです。したがって、S&P 500と比較した場合のベータ値も0.6程度となっており、値動きが抑えられていることがわかります。

また、偶然だと思われますが、分配金利回りも高めです。

全世界の大型株を集めてみたら、配当利回りの高い米国株が多く集まってしまったから、分配金も高くなっちゃった (*ノω・*)テヘ

……ということではないかと思います。

構成銘柄の特徴

構成銘柄は、国別でも産業別でもかなり偏っています。

国別の構成比では、米国の割合が圧倒的です。全世界から大型株を集めても、Apple1社だけで7.2%の割合を占めてしまいます。米国株の時価総額は、正に桁違いです……

GICSで分類した産業別の構成比では、ITセクターが4分の1を占めています。構成銘柄上位のApple、Microsoft、Alphabet(Google)の影響が大きいのは言うまでもありません。

総評

比較的値動きの小さい全世界の大型株に投資し、なおかつ、そこそこの分配金も得られるという意味では、なかなか良いETFだと思います。

ただし、単純にトータルリターンで考えると、どう考えても中小型株を含む他のETFの方が優秀です。また、本ETFには、経費率が高いという弱点もあります。

したがって、特にこだわりでもない限り、本ETFを選択する意味は無いと思います

逆に、Apple、Alphabet(Google)、Amazon、Microsoft、Johnson & Johnson、Nestleなどといった超有名企業にまとめて投資したいという場合には、正にぴったりのETFだと思います

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする