原油価格連動型ETF

原油への投資

原油は、言うまでもなく、重要なエネルギー資源の1つで、私たちの生活に欠かせないものです。 可採埋蔵量に限りがあるため、国家間の戦略資源ともなっていて、奪い合いの激しい資源です。 コモディティとしての投資先ともなっており、原油の取引市場には、大口投資家の資金が流れ込んでくることもあります。 しかし、一般の投資家が原油を直接保有したり取引したりするのは困難です。 そこで、うまく活用したいのが原油価格連動型ETFです。

ETF銘柄一覧

コード 銘柄 信託報酬
(年率)
運用会社
1671 WTI原油価格連動型上場投信 0.85% シンプレックスアセットマネジメント
1699 NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信 0.50% 野村アセットマネジメント

※WTI:ウエスト・テキサス・インターミディエートの略。西テキサス地方で採取される硫黄分が少なくガソリンを多く取り出せる高品質な原油のこと。

筆者コメント

原油は、可採埋蔵量が限られているエネルギー資源のため、長期的には値上がりすると見込まれています。 したがって、投資先としては、金と同様に有望なコモデティです。 原油価格連動型ETFは、基本的には長期的に保有して値上がり益を待つのがおすすめです。

また、中東情勢が不安になると、原油価格は急激に跳ね上がるといったことがしばしばあります。 したがって、価格の安い時にETFを購入しておき、価格の急上昇を待ってから売却するといった、短期的な利益を狙うこともできます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする