S&P 500 連動型ETF

S&P 500とは?

S&P 500は、米国Standard and Poor’s(S&P)社が算出している米国の代表的な株価指数です。ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、およびNASDAQに上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄を選定し、それらの株価を基に算出される時価総額加重平均型の株価指数です。

S&P 500 詳細データ

ETF銘柄一覧

コード 市場 銘柄 信託報酬
(年率)
運用会社
1547 東証 上場S&P500米国株 0.06% 日興アセットマネジメント
1557 東証 SPDR S&P 500 ETF 0.0945% State Street Global Advisors

筆者コメント

S&P 500 連動型ETFは、米国の株式に幅広く投資したい方におすすめです。特に、コード1557のETFは、海外ETFのSPDR(スパイダー)シリーズの1つで、NYSE Arcaにも上場しており、総資産額は約$1400億にも上る巨大なETFです。そのスケールメリットを活かしたETFを、日本の証券市場で取引できるのは、なかなか魅力的です。

また、コード1547・1557両ETFともに信託報酬が非常に低いというメリットもあります。これは、同じ米国のダウ平均株価連動型ETFの信託報酬よりも桁違いに低い数字です。その他の国内ETFと比較しても、信託報酬が0.1%を切るETFはあまり存在しません。投資する側としては、運用コストをほとんど気にせず投資できるので、非常に魅力的です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする