米国クレジット債券指数連動型ETF

米国クレジット債券指数について

クレジット債券とは、国債以外の債券のことで、社債および政府/地方自治体/国際機関/非米国期間の発行する債券などを指します。 ここで紹介するETFに組み入れられる債券は、格付けがBBB(S&P)またはBaa(Moody’s)以上の投資適格債です。 投機的格付債(ハイイールド債)を組み入れたETFは別ページで紹介します。

ハイイールド債券指数連動型ETF

ETF銘柄一覧

ティッカー 市場 銘柄(ベンチマーク) 経費率 運用会社
CSJ NYSE Arca iシェアーズ 米国クレジット債券 1-3年 ETF
(バークレイズ米国クレジット(1-3年)インデックス)
0.20% BlackRock
CIU NYSE Arca iシェアーズ 米国クレジット債券 1-10年 ETF
(バークレイズ米国クレジット(1-10年)インデックス)
0.20% BlackRock
CFT NYSE Arca iシェアーズ 米国クレジット債券
(バークレイズ米国クレジットインデックスス)
0.20% BlackRock
LQD NYSE Arca iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF
(iBoxx 米ドル建てリキッド・投資適格指数)
0.15% BlackRock

筆者コメント

米国の社債を中心に投資したい方におすすめです。 ETFごとに組み入れている債券の残存期間が異なるので、各ETFの保有している債券を確認して自分の希望に合うETFを選択しましょう。 債券は、残存期間によってリスクと利回りが異なるので、それらを考慮しながらETFを選ぶ必要があります。一般的に、残存期間の長い債券ほどリスクが高くなり、利回りも高くなる傾向にあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする