残存期間別米国債指数連動型ETF

カテゴリ紹介

このカテゴリに分類されるETFは、残存期間別の米国債に投資するETFです。

米国債の値動きを表すインデックスは、債券の残存期間別に細かく分けられ、Barclaysによって算出されています。 ETFに用いられている指数は、バークレイズ米国短期国債インデックス(平均残存期間1年未満)、バークレイズ米国国債(1-3年)インデックス、バーク レイズ米国国債(7-10年)インデックス、バークレイズ米国国債(20年超)インデックス、バークレイズ中期米国国債インデックスなどです。

ETF銘柄一覧

ティッカー 市場 銘柄(ベンチマーク) 経費率 運用会社
SHV NYSE Arca iシェアーズ 米国短期国債 ETF
(バークレイズ米国短期国債インデックス)
0.15% BlackRock
SHY NYSE Arca iシェアーズ 米国国債 1-3年 ETF
(バークレイズ米国国債(1-3年)インデックス)
0.15% BlackRock
IEF NYSE Arca iシェアーズ 米国国債 7-10年
(バークレイズ米国国債(7-10年)インデックス)
0.15% BlackRock
TLT NYSE Arca iシェアーズ 米国国債 20年超
(バークレイズ米国国債(20年超)インデックス)
0.15% BlackRock
ITE NYSE Arca SPDR バークレイズ 米国中期国債 ETF
(バークレイズ 中期米国国債 指数)
0.1345% State Street Global Advisors
VGLT NASDAQ バンガード・米国長期政府債券ETF
(バークレイズ米国政府債浮動調整(10年超)インデックス)
0.12% The Vanguard Group, Inc.
EDV NYSE Arca バンガード・米国超長期国債ETF
(バークレイズ米国債STRIPS(20-30年)均等額面インデックス)
0.12% The Vanguard Group, Inc.

筆者コメント

米国債ETFは、残存期間別にETFが用意されています。したがって、個人のリスク許容度や想定リターンに応じて、自分に適したETFを選ぶことが可能です。

一般的に、債券は、残存期間が長くなるほどハイリスク・ハイリターンになる傾向にあります。長期運用で、多少のリスクは許容できるという場合は、長期国債を組み入れたTLTやEDVなどが選定候補に挙がります。逆に、短期運用で基準価額の変動は困るという場合は、短期国債を組み入れたSHYなどを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする